「純福音」とは、新しい福音とか理論ではなく、聖書に記されている御言葉をあるがまま受け入れる純粋な福音である。「純福音」は聖書の御言葉をどうすれば神様の本来の意図通り理解して、生活に適用されるのか、というところに関心を集中している。すなわち、神様の御言葉をあるがまま信じて行うことによって、福音の純粋性を保持して、その力を回復させようとするのである。


「純福音」は英語'Full Gospel'の翻訳である。'Full Gospel'は'充満な福音'で、神本主義に立脚して聖書全体の内容をそのまま(Fully)すべて(Totally)を信じ、受け入れる七週の祭りの聖霊に満たされた福音を内容としている。 故に純福音信仰とは、イエス・キリストの十字架の贖いの結果として与えられた霊の救いだけではなく、肉体の病からの癒しと生活の呪いからの解放など、すべてを含まれている全人的な救いの福音を強調する、純粋な福音主義信仰を意味している。